骨粗鬆症をイソフラボンで改善しよう

女性は男性に比べて骨粗鬆症http://xn--eck7bvd2a5dzct376ahm6d.com/kotusosyousyou.htmlになりやすいと言われています。
骨は人間の体を支える大切な役割を持っています。
子供の頃、丈夫な骨を作るためにカルシウムの多い牛乳や乳製品をたくさん摂取していた記憶はありませんか?

骨の強度を高めるためにカルシウムはとても大切な成分です。
他にもカルシウムの吸収を助けるビタミンを一緒に摂取することで強い骨をつくことができると言われていますが、骨粗鬆症は骨に必要なカルシウムが蓄積されず流れ出すことで骨の強度が弱まり骨折しやすくなってしまいます。
骨からカルシウムが流れ出ないように蓄積しておく働きが女性ホルモンのエストロゲンにはあります。

そのため、エストロゲンが豊富な若い女性は骨粗鬆症になりにくくなっています。
しかし、閉経後エストロゲンが減少した更年期を迎えた女性は骨からカルシウムが流出しやすくなっているため骨粗鬆症になる女性が増えます。
骨粗鬆症の改善には骨の強度を上げる必要があります。

そこで、減少したエストロゲンに似たイソフラボンを摂取することで骨からカルシウムが流れ出るのを抑制し骨粗鬆症の改善に効果があるといわれています。
年齢を重ねると体が衰え思うように動かすことができなくなり、コケるだけで骨折することもあります。
イソフラボンは手軽に摂取できるので怪我をする前に骨粗鬆症の改善のために大豆製品を毎日摂取するように心がけましょう。

Copyright (C) 女性ホルモンを整える All Rights Reserved.